早期治療でptsdを撃退する|心のキズ、癒されNET

PTSDのお医者さん

Special

サインを見逃すな

カウンセリング

PTSDは心的外傷後ストレス障害と言われる病気で、人の死傷などを目の当たりにすると起きてしまう病気です。1ヶ月ぐらいはこころを守るために様々な症状が出てきますが、数ヶ月続くと医師の診断を植えけたほうがいいと言われています。

続きはこちらから

PTSDの克服

ハート

生死に関わる辛い体験、家族や友人の死傷を目の当たりにすると起きると言われているPTSDは、研究が進み今では様々な治療法が確立されています。PTSDだと疑われる症状が見られるときは早急に医師と相談して治療を始めましょう。

続きはこちらから

PTSD患者の数

OK

日本でも、災害によりPTSDの患者が一時期急増していました。しかし、大半は治療や自然治癒力で回復すると言われています。PTSDの患者は海外だと暴行をうけた女性が圧倒的の多く原因として相談できないというのが鍵となっているようです。

続きはこちらから

Topics

虹

発祥の原因

PTSDは、自然治癒することがほとんどです。しかし、何故慢性的になるかの理由を解く必要があります。それは、心のトラウマを抱えた時周りのサポートがどれだけ行われていたかにより症状の発祥や重症化が変わってくると言われています。

花

睡眠障害で悪夢

ptsdの特徴的な症状に、睡眠障害があります。睡眠障害は、ptsdの人たちに多く見られる症状で、悪夢を見ることもあります。悪夢を見る確率や頻度は、トラウマで覆ったキズの大きさが関係してきます。

誰にでもなる可能性

男性医師

ptsdという言葉を最近耳にしたことは無いでしょうか。今から少し前の東日本大震災でこの言葉をよく耳にしたのではないでしょうか。ptdsとは、日常ではあり得ない強いショック体験や強い精神的なストレスを感じた時に心にダメージとなって残ることを言います。東日本大震災のように一瞬にして命が奪われるような恐怖体験、死を感じるストレスを一度に受けてしまいptsdと診断された人も多くいるようです。心的外傷後ストレス障害と言われるもので、この傷害の大きな特徴が経験した恐怖から何時間と経過しても、その経験の恐怖を感じてしまう障害のことで突然その恐怖体験を思い出してしまい、眠れなくなったり、頭痛の症状として身体に何度も振りかかってくるのです。

東日本大震災の時、現地にいない人でもこのptsdの症状を起こした人が全国各地にいたという話を聞いたことがあります。大きな理由として、東日本大震災が起きて数日から一週間毎日のように同じニュースが繰り返されてきました。このニュースが繰り返されることによって、東北地方にいなくても感受性が高い人であれば同じ体験をする症状に見まわれそういったケースが発症したという問題も起きていました。このように、悲惨な状況が連日放送されるだけでも擬似的な恐怖体験をしたことになりptsdを発祥するケースを耳にしました。このptsdというのは、同じ体験をした誰もがなるということではありません。心が強い弱いという問題でもないのです。ptsdにどのような人がなりやすいかは全く分かっていません。ptsdは誰もなる可能性をもち、誰もがならない可能性も持っています。この病気はとても分かりにくい病気です。誰かが気づいて上げるなり、変だという症状を見逃さないことが治療の鍵となります。過去にとても大きなショック体験があり、最近その体験を頻繁に思い出すようなことがあるのであればPTSDを疑ってみる事がこの病気を見つける一番の近道と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加